1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピストン外した続編です。

とりあえず外れたピストン。
あちこちを詳しく見てみます。
と言っても、オイラが見てもわかることなんかほとんどありません。
もちろん友人のShopへGoです。
ちょっと吹雪いてましたが1時間掛からずに到着。
早速外したピストンを見ながらお話しを。
まず、リング関係を。
第一、第二リングのギャップは一応規定値内でしたが、
オイルリングの上下のリングはまるっきりテンションがありません。
シリンダーに入れてギャップを測定しようにもスルッと落ちていきます。
「これで良いの?」って訊かれましたが、
??です
どうなんでしょ?
それぞれのリングも当たり面が均一でなかったりしたので
「この辺は(ショベルに)詳しい人にちゃんと聞いてね」と言われました。
「まぁピストン、シリンダーをそのまま使うにしても、リングは替えた方が良いでしょう」
と言うことになりました。

そして…ピストンピンの話。
「これって入れるときは手で入るモノ?」
「入るよ」
「全然入らないんですが?」
そうなんです。
外したピストンピン、ピストンに入れようと思ってもある程度まで入ったら、もう動きません。
軽く叩いて入れるんでしょうか?

そうしてピストンピンとピストンを交互に眺めていたその時…

「あ??なんだこりゃ?」
「へ?」 ドキっとしました。
ただでさえ、ピストンが楕円過ぎないか?と脅され?(笑)
次回もっと正確に測ってみようと言われて、ビビっていたところに
「なんだ?こりゃ」ですよ(笑)
もちろん「見ちゃイケナイモノハケーン」と思うじゃないですか。

ええ、案の定でした。

081224-02
「これふくろうさんやったの?」
なにがなんだかわかりません。
「いや違うと思うけど、やばかったねぇ」
一体なんでしょう?
「これこのまま組んだらスナップリング落ちて大変なことになるんじゃない?」
何のことでしょう?

これは正常なフロントのピストン穴
081224-01

違いがわかりますでしょうか?

リアのピストン穴が円じゃないです。
081224-02
同じ画像ですが。
スナップリングが嵌る溝の外側がめくれてきてます。(銀色に光っている部分)
(欠けて見えるのは、ドライバーで軽く触っただけでボロッと取れてきた部分です)
「このピストンは使えないね」 (°◇°)~ガーン

なんでコンナ事になったのか?
推測1
ピストンが社外品ということもあり、ピストン穴がコンロッドに対して曲がってる(90°じゃない)
推測2
コンロッドが曲がってる、またはクランクに対して開いてる。
推測3
クランクに規定値以上の横ガタがある。

いずれにしろ、ピストンピンに横方向になんらかの力が掛かったってことでしょうか?

もちろん、ピストンが悪いことにしてくれ と思いました

そして、ピストン裏を見ると。
081224-05
これがリア。
擦れたような痕があります。
場所は左側。

081224-04
これはフロント側。
画像の向きが逆です。
擦れたような痕があるのは右側です

この痕もスナップリングの溝破壊と関係あるのか?
もう冷や汗っつーか脂汗でそうな事になってきました…

夜も更けてきたので、後日、時間を取ってゆっくりじっくり計測することにして、帰ってきました。

帰りの車の中…真っ暗でした(夜だからアタリマエですが)

ピストン穴の精度が無いのか、コンロッドが曲がってるのか、クランクからずれているのか
ピストンの裏側もbito号やmarina号に比べると間違いなく「ヤバイ」状態でしょうし、
ピストンリングを替えるのは覚悟してました…が、
ボーリング?ピストン交換だけじゃなく、クランクまで割るんですか? 



勘弁してください(T-T)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 :工場長ドノ
>ピンのリテーナーは無理して両方外さなくても、片方だけでピストンは外せますよ。
そうですよね 外してから「イケたじゃん」とわかりました(^^;
どの本にも書いてなかったです…
入れるときは「先に入れておく」ってのは書いてありましたから、
やっぱ外さないとダメじゃんと解釈してました…
(再使用不可ってありましたし)
やってみないとわからないことって沢山ありますね…いやホント勉強になりました。

ボアゲージとマイクロは是非手に入れたいですね。
今回は使い方も勉強と言う事で友人の作業を盗み見して…(笑)

やはりピストンピン~ピストンのクリアランスはキツイのでしょうか?
冷間なのでキツキツなのは当たり前とは思いますが、それでも入らないってのは…
スモールエンドとのクリアランスについては、新しいピストンの時に参考にさせていただきます。

それにしてもクランクのガタについてはかなりびびってます。
ビックエンド側にガタが発見されたら、倒れちゃうかも(´ヘ`;)

今週末、また「見たくないモノ」を見てしまうのか、それともホッと胸をなで下ろすのか…

明日はどっちだ! 的ドキドキ感満載で(笑)

リテーナの件は開けて良かったと心底思います。
なおかつ自分ではタブン気がつかなかったので、友人にも感謝感謝。

でもクランク割るのは マジ勘弁願いたいです

2008/12/26(金) 09:01 | URL | ふくろう #KZs0hm9U[ 編集]

ピンのリテーナーは無理して両方外さなくても、片方だけでピストンは外せますよ。
入れる時も最初に片方だけは入れといた方が楽です。

しっかしホントにリテーナー落ちなくて良かったですね。
走行中に落ちてたら大変な事になってたでしょう。
それだけでも今回開けて大正解じゃないですか。

ピンはドライで「スルスル(ん?ちょっとガタがあるか?)」くらい、ウェットで「ヌルッ」とした感じなら大丈夫です。
その辺の径が計れるマイクロゲージを持ってたら、ボアゲージはそれ程高いものじゃないんで買っといてもいいかもしれないですね。
ロッカーアームのブッシュなんかも確認出来ますし。

スモールエンドとの関係はもうちょっと渋くてもOKなんですが、ピストンとのハメ合いがシブイと駆動時に厳しくなりますよ。
サイズ的にはまだいけそうですが、見た感じでは大分痛んでる様子ですので、交換しちゃってもいいかも。

リテーナー部の欠けといい、変な当たりといい、どうもピストンに過剰な熱の掛かり方した可能性も考えられますね。
ただ上下のガタや上端の異常な横ブレがなければ、即座に腰下まで直す必要はないと思います。
コンロッドが捻れることもあるっちゃありますが、それはよっぽどのことですよ。

取り敢えずはエンドの両端からピストンピンを突っ込んで(長いのあれば1本でもOKですが)、ケース上面までゆっくりと下ろしてみれば、一応は歪みも確認出来ます。
その際にはピンとケース面の振れ方(均等か)、ピンに対して交わる辺の角度、平行な面の角度等を確認すると良いと思います。

プレス機が使用出来る環境があれば、腰下を割ることも可能ですよ。
クランクさえしっかりしてれば、後はケースへの組み付けでエンドプレイの調整さえ怠らなければ大丈夫だと思います。
クランクは静的なバランス取りは根気でなんとかなりそうですが、ダイナミックバランスは私達素人では難しいですよね。
その辺は長年の経験による味付けになっちゃうと思います。
2008/12/26(金) 07:55 | URL | TERU'79 #NAijnZeA[ 編集]

 :猪木ック氏
開けてみますか?(笑)
自分で決めたこととはいえ、どんどん増えていく「みたくないもの」に毎日がExciting(笑)ちゅーかFeelFearfulnessッス

> まとめて読ませてもらいました!
細切れで申し訳ない。
全て終了した暁には、加筆&訂正、補完してちゃんとした記録にしたいものです…
2008/12/25(木) 15:12 | URL | ふくろう #KZs0hm9U[ 編集]

 :HIBIKIング氏
>『調子いいときは無理して弄らないのがベスト』~
全くその通り!

と言いたいところですが、ピストンピンのスナップリングに関しては、落ちる前に見つかって良かったと思っています。

ただ、段階を踏んで、少しずつスキル上げていって…という当初の目論見からは大きく外れてしまいそうで、その分の覚悟がまだって感じでしょうかね。

まだ確定ではありませんが、クランクケース割るってのはまだ数年先の話と思っていましたから
出来ることなら次回のOHまで延ばしたいところです(^^;

徹底的にやるには、スキルも工具も、資金も絶対的に足りません
2008/12/25(木) 15:06 | URL | ふくろう #KZs0hm9U[ 編集]

まとめて読ませてもらいました!
オイラも開けたら大変な事になってるんだろうな~~(汗
やりたいことはイッパイあるんですが・・・・・
とりあえずクラッチまわりからかなぁ

2008/12/25(木) 10:30 | URL | 猪木 #-[ 編集]

どんどん大変な事になってますね
先日工場長と話した時に『調子いいときは無理して弄らないのがベスト』
という含蓄のあるアドバイスを貰いました

自分には良くわかりませんがもしやるなら中途半端にやらず
徹底的にやらないと意味が無いのかも知れませんがどうなんでしょう?

思い切って今回やっちゃいますか
2008/12/25(木) 09:59 | URL | HIBIKI #tHX44QXM[ 編集]

 :54B師
もう泣きたいです…

徹底的にやらなくてはならないか、やらなくても済むかは、計測次第です。

最悪数値が悪くてもクランク割るのは(オイラの)技術的に、半端じゃなくハードルが高すぎるので、無理。(ハードルって言うか絶壁?)
じゃぁこのまま目を瞑って、戻しちゃうのも気がひける。
と言うかそれも嫌。
となると、かなりの出費を覚悟せねば、という事ですね…
凹んでます・・・

> オイル下がり以外は絶好調なんだけどなぁ
スタ次もベースガスケットからの滲み以外は絶好調だったんですよww
2008/12/24(水) 07:50 | URL | ふくろう #-[ 編集]

人の不幸は蜜の味!

ウソだよ 
オレの4輪のミッションやエンジンのオイル漏れと変わらないな~
ここ3年で何度組み直した事か

徹底的にやる様か? 腰下にガタが有ったら目を瞑る訳には行かないでしょ

前回の写真だけど ピストンピンに打痕と言うかかじった様に見えたんだが この場所のせいか?

オレも開けるのが怖くなって来たぞ
オイル下がり以外は絶好調なんだけどなぁ
2008/12/24(水) 07:29 | URL | 54B #nxO8DB/M[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://owlsfxb.blog66.fc2.com/tb.php/72-afcf1ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。