1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタ次のメンテ日記はちょっとお休み状態ですが、一応オイル交換とか、各所増し締めとかは定期的にやっております。
11月にはベースガスケット交換を目論んでおりますので、それまでに必要な工具、SST、交換部品等をピックアップ→ゲットの予定です(^^;

さて、
この夏の白金キャンプでHIBIKI氏とご一緒したとき、オイラ愛用の火吹き竹が劣化で割れてしまい、色々修理?した話をし、修理した現物を見られちゃいました。
話の中で、北海道には竹が無い話をしたんですよね…

080906-03080906-04
管理が悪かったのか、割れてます。
それを埋めているのが、
080906-05
パーマテックスのウルトラカッパー!
ショベル乗りなら必ず持ってる?エキパイ用の耐熱ガスケットです。
こいつで隙間埋めて使ってました…火吹き竹(笑)

炭にしろ薪にしろ、オイラは団扇より火吹き竹派なので割れても諦めきれず…
買えばたった300円程度のモノなのですが、地元では今年は扱っておらず、
Netで買うにしても、300円のモノに送料1000円はかけてられません…

と、
先日千葉のHIBIKIングofHighway氏から荷物が届きました。
080906-01
結構大きいモノです。


中身はと言いますと、
080906-02
です。
それも沢山!
青竹、いぶした竹…・とっても良い匂いがします。
日頃息子の竹刀の調整で竹はいじっていますけど、青竹ってホント良い匂いがします。

ご親戚に竹林をお持ちの方がいらっしゃるとのことで、わざわざ竹を切り出してきて送っていただきました!
ありがとうございますぅぅ!!!

早速火吹き竹製作に掛かりました。
太さも色々送っていただいたのですが、今回は手頃な25mm程度の太さのを使います。
カコヨク言えば1inch?(笑)
長さは、通常であれば45cm位なのですが、バイクでの携帯性を考えて35cmに切ります。
片側は節ギリギリでカット。錐で小さく穴を開けます。
この時点では穴は出来る限り小さい方がイイです。
吹いてみて自分の肺活量に合わせて穴の大きさを大きくしていきます。
肺活量の少ない人ほど穴は小さめの方が良いようです。
ベルヌーイの法則です(タブン)

真ん中に節が残りますが、そこは適当なドリルで揉んで節を取り除きます。
あとは切り口に軽くヤスリをかけて出来上がり…と
簡単なモノです。
が、それだけではつまらないので、ちょっと遊んでみました。
080906-06
ミニルーターです。

これで
080906-07
銘なんぞ入れてみました (銘なんて素晴らしいモノではありませんね タダのサインか…)

読めませんね…(^^;
080906-10
墨を入れて…

頂いた感謝の気持ちを忘れずに…
080906-08
SpecialThanksHIBIKI と入れました。

HIBIKIさんありがとうございます。
080906-09

これから竹の性質について勉強して、出来る限り長持ちさせて大事に使わせていただきます。

残りの青竹、太いのは竹飯に挑戦してみようかななんて考えてます。
竹のMugも良いなぁ…




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://owlsfxb.blog66.fc2.com/tb.php/54-c6e20a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。