1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回の日記で、フロント周りの違いに思い切り萎えてしまっていたのですが、後戻りは出来ません。
今週は気温も低く、イマイチ乗れるような雰囲気ではなかったので、時間を見つけては色々画策しておりました。

さて、前回わかったこと。
新しくGetしたホイール(フロント)は85?86のXR1000用であること。
ハブの形状が違うこと。

ショベルFX用キャスト
標準のディスクローターの外径は10inch。
ハブ部分の外径が61mm弱で、スピードメーターギアの爪はホイールに開けられた穴に付くこと。
ディスクローター取付のボルトは5/16-18、カウンターシャンク(皿ねじ)でヘックス(六角)3/16

エボ用キャスト
標準のディスクローターの外径は11.5inch。
ハブ部分の外径が50mmで、スピードメーターギアの爪はディスクローターに切り欠きがあり、そこに付くこと。
ディスクローターの取付ボルトは、同じく5/16-18ですが、ボタンヘッドでトルクスのT40。

ハブベアリングは99以前は共通のテーパーベアリング。
アクスルシャフトの径も同じ。

問題は、宙に浮いてしまっているスピードメーターギアの爪をどうするか?
080323-003

解決策としては、
1.爪を溶接で伸ばして、エボ用のホイールに開いている穴まで届かせる(ディスクローターはFX用そのまま)
2.77以前の10inchローター(シングル用、リア用ハブ部分の外径50mm)を使い、ディスクに切り欠きを作る。
3.カラーを製作して、ショベFX用のローターに溶接する。
4.いっそ11.5inchにしちゃう(笑)

ひとつずつ検証していきましょう。
まず1案
一番手っ取り早いですが、爪が溶接に耐えられるかが不安です。
爪は軟鉄で、手でも曲がるほど柔らかいので、伸ばして奥まったホイールの穴に届いたとしても、耐久性に難有りです。 溶接も面倒くさい^^; 

で、却下。

続いて2案
これはイケルかなと思いました。
が、このTypeのディスクローターは取付ボルトが3/8です。
穴、でかいです。ずれがボルト剪断に影響するような気がします。
小さなカラー製作も面倒くさい…
新たな出費も避けたいトコロです。
となると、これも却下…

ちょっと3案は飛ばして、4案。
11.5は結構魅力ですが、どうせ11.5にするなら、フルフローティング。
当然キャリパーも4POTとか AP萌え?
となると、35φでは華奢すぎか?
いっそDynaの39φにして…
妄想しすぎでした…

となると3案でしょうか。
ステンの溶接は結構気を使う(ステンは熱でひずみやすい)ので、
厳しいかもですが。(もちろん自分では出来ません)
方法としては一番良いような気がします。

と言うことで・・・
080401-01
CADで図面書いてみました。
w(゜o゜)w オオー!イイ感じで決まりそうです。
これを以前クラッチシェルロックプレートを頼んだ、鉄工所にFaxし、見積依頼をしました。
相変わらずのワンオフモノですから¥3?4kは掛かるかな?
2setで5K位ならGoでしょう…

ワンオフ…良い響きだ(笑) ポン付けにも勝るとも劣らない魅惑のささやき(言い過ぎ)

早速資料等を探すため検索の旅へ。
が、中々、エボホイールをショベルへ と言うPageにヒットしません。
「うーんコイツは、何か問題有りで誰も試してないとか?」と不安になっていたところに、コメントいただきました。

HN、hetarechopperさん。
10inchディスクローターにこだわり、ショベルにエボホイールを組んだ経験がお有りだとか。
その方法は…カラー製作&溶接だそうです!
よっしゃ!オイラの考えは間違ってなかった!
おまけに、今は使わなくなったOEMディスクにカラー溶接したヤツを譲ってくれると言うではありませんか!!!
一も二もなく、ご好意に甘えることにしました。
製作かけたカラーは将来穴あきディスクとかに換えるときに使うことにしました。
良いんです!考えが間違ってなかったのがわかっただけでも(笑)

hetarechopperさんから送られてきたディスク。
080402-03080404-01
バッチリですね!
当然のことながらドンピシャです。
ゆがみもありませんし、溶接の跡もきれいに仕上げてあります。
この場を借りて、お礼申し上げます。 ありがとうございました。
その後、製作かけたカラーも出来上がってきました。
溶接用のエグリを作るのに、安く上げるため2枚セットにしました。
080402-01080402-02

これはこれで良いんじゃないですか?(自画自賛)


そして本日、ついにフロントのインストールを開始しました(ずいぶんと引っ張りました^^; )
まず、古いホイールからタイヤを外します。
これはGSで、チェンジャーを借りてサクサクと(^^)
チェンジャーがチョイ古で19inchはギリギリでしたが、なんとか成功。
続いて、ディスクローターを仮組して、フォークに付けてみます。
アクスルシャフトは同径なのですんなり入りました。
スピードメーターギアもぴったりです。
ところが…
左側に目を転ずると、ヤケに隙間が目立ちます。
ここで大変なことに気が付きました(とその時は思いました)
右側は新旧とも同じなのですが(シールの雰囲気はチョト違いますが寸法的には同じ)、
左側、ショベル用はハブの面から4mmほどスペーサーらしきモノが飛び出していますが、エボ用にはそれがありません。
ハブ面とツライチどころか、5mm程度も引っ込んでます。
(~ヘ~;)ウーンどうやらここにはカラーが入るようだ…という結論。
あちこち探し回りましたが、どうしてもちょうど良いのが見つかりません。
コイツもワンオフ?
しかし、走行に直接関係するトコロなので、無茶もしたくありません。
ここは諦めて、ショベル用のハブアッセンを新しいホイールに組むことにしました。

夕方、Sterに寄り、事情を説明、ショベル用のハブください!と…が、残念ながら在庫無し。
手持ちのカラーを加工して作ってもらうことに。
寸法を告げると、御大将…「ホントにそんなサイズ?」と怪訝そうです。
イマイチ不安なオイラ、ガレージに戻り、ホイールを持ってきました。
両方のホイールを見た御大将、おもむろにマイナスドライバーを取り出し、飛び出しているカラーを…
スコンと外しちゃました・・・(?_?) これって取れるんですか?
と、次に新しいホイールにぐいっと…


付いちゃいました・・・ まるで手品を見ているようです(笑)
ハブ径は同じでもシールの形状がまるで違うので全然合わないモノと思っていたのに…

ただの思いこみだったようです。 モノを知らないって恐ろしいですね(自爆)

お礼もそこそこに、とって返して続きを始めたのは言うまでもありません。

080404-02右側です。
080404-03左側。 ドンピシャで納まっています。

後は、ディスクローターとキャリパーの位置関係を確認して、各ボルトを規定トルクで締め、完了!

また一歩80仕様に近づきました・・・
080404-04

080404-05


掛かった費用トータル4万円弱
受けたご厚意 PriceLess

協力してくださった皆様 本当にありがとうございました┏ο
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 :big_boy師匠
ご無沙汰です(^_^;)
完全自己満の世界ですww
お財布との相談の自己満ですが、ホントにこだわってしまうとベルトガードとフォークカバーまでオレンジに…(今オクに出てるんですよね)
オタクの世界でしょうか(笑)
2008/04/06(日) 22:29 | URL | ふくろう #KZs0hm9U[ 編集]

へぇ・・拘ってるね、ふくろうさんも。^^
私的には82でも良いという気がしない事無いけど。
何処がちがうんだかさっぱり^^;
2008/04/06(日) 12:43 | URL | big_boy #-[ 編集]

 :hetarechopperサン
おはようございます。
お陰様で無事に換装成功となりました(^^)

錆の件は了解です。
マメに手入れするよう心がけます!
RustGuardが確か有ったと思うので使えるかどうか試してみます。

これを御縁にこれからもよろしくお願いします┏ο
2008/04/06(日) 07:41 | URL | ふくろう #KZs0hm9U[ 編集]

無事取り付け完了ですね!
使ってなかった部品が役に立ってよかったです。
あとお伝えするのを忘れてたのですが、溶接されてるカラーはスチールなのでサビます(使ってた当時はショベルが超汚かったので気にしてませんでしたが)ので何らかの防錆処理をされたほうが良いかと思います。
2008/04/05(土) 22:30 | URL | hetarechopper #uJtkHBas[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://owlsfxb.blog66.fc2.com/tb.php/38-4b3dd2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。