1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の日記であげたタコ踊りの件の続報です(w

動画は使い回しです(^_^;)


昨日、バラシながら原因究明をがんばってみました。
工場長ドノ、54B師のレスにあった「アース不良」、HDNのTTBにあった「コイルの不良」
まずはコイルの不良を確認するため、新しいコイルを付けてみます。
結果…
踊ってます


次にアース不良のチェック。
レギュ周り、バッテリー周りの増し締め、接触部分のペーパー掛けをやって、アースがちゃんと取れているかどうか、あちこちテスターを当ててみます。
結果…
やっぱり踊ってます

整備書を確認して、今度はメーターを車体から外してチェックします。
バッテリーからマイナスを直取り。
コイルから信号線を直取り。
これでまだ踊るようならメーター本体の不良?

結果…
踊りました_| ̄|○

どうやらメーターが逝っちゃってる様です…マタカネカカルノカ

天気も良いのでコイルからの信号線を外した状態でメーターを戻し、ちょろっと走りに行きました。
ところが、信号線を外してあるのに時折メーターがピクピクッと動いています…???
どこかからナニカが回ってきてるでしょうか…

今度はダッシュからメーターを完全に外してチェックしないとダメな様です…
しかしエンジンをかけながらのチェックなので、夜遅くまで出来ません(T.T)

キャブもなんだかご機嫌斜めだし、ちょっとめげそう…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。