1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく、頼んでいたミッションオイルが着いたので、オイル交換しました。
前回交換してから約2,500km、ちょうど良いサイクルかと(チョトオソイカ)
オイルは54B師お勧めのRedLine ShockProofHeavyです。
070807-01

小雨でしたが、ミッションオイルを温めるため、ちょっとその辺を走ります。
戻って速攻ジャッキアップ。
ほんのり温かくなってるミッションからオイルを抜きました…
見事に乳化してます(^^;
しばらく待ってドレンを開けたまま、RedLineを注ぎ込んでいきます。

真っ赤です…
070807-02

焦って入れちゃうと規定量前に横のレベルホールからあふれてきてしまうので慎重に慎重に。
ドレンからは新しいオイルに押されて、まだまだ乳化したオイルが…

ようやくドレンからも新しいオイルが出てきて、ドレンボルトを慎重にねじ込んでいきます。
もちろんシールテープは忘れません(巻きすぎ注意です)
およそ780cc入った時点でレベルホールからたらぁ?っと。
大体okな分量でしょう。

残ったオイルはすぐ乳化してしまうのでフリクションプレートの馴染ませにでも使いますか…(w
写真
ぱっと見コレがオイル?って色ですねぇ…
ちょっとホラーな色とボトル…
070807-03

今週中にエンジンオイル交換して、まつりに備えます(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。