1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこかで見たような題名ですが┐('?`;)┌

先輩諸氏のおかげで、バタフライの呪縛から漸く抜け出たオイラでしたが、先日何気なくポイント周りの清掃、調整をすると…
071013-01

益々調子よくなったではありませんか!!!
あ???こいつも不調の原因だったのかぁ!  です。
思い出せば春にちょろっと調整したっきり、ガバナまで手を入れるってことしてませんでした。
ポイント磨きもおざなりな感じでした(^^;
なんと3000kmもほったらかし・・・
先日の横浜で買った工具、買うの遅すぎたんですね…でかいマイナスドライバーも行方不明だったし(イイワケ)
と、このままポイントでいっても良かったのですが、ふと工具箱を覗くと、

サンダンスのSuperStockIGSystemが・・・(⌒ー⌒) ニヤリ
これは、いで兄がダイナSに取っ替えたときにオイラにゆずってくれたモノです。

な??んか触りたくてうずうずしてるオイラの前に、こんなモノ出てきたら・・・付けるしかないじゃないですか!(笑)
と言うことで、さくさくと取付開始…
ちょっと悩みました。
えっと コイルのプラス側ってどっち?(笑わないでねホントに知らなかったんだから)
整備書の配線図と首っ引きで配線の色をチェックチェックチェック…
どうやら白(下側)がプラスらしい・・・
と、ちょっとの間悩んで、切りっぱなしの配線に端子をかしめたり、タイラップで配線まとめたりして、程なく完成!!!
071013-02

うーん良いねぇ アリガトウ?いで兄! 今度なんか持ってきます(^^)

さてここからセッティング。
ポイントだと豆電球使うとか、色々やり方ありますけど、こんなタイプは全然わかりません。
もちろんもらいもんなので説明書もありません。
サンダンスにMailして送ってもらった説明書にも書いてません・・・/(-_-)\ こまった?
でも、切り欠きの位置を合わせたら大体良いだろう?ということで、後は実走でセッティングしましょう。
動画撮ってみました。

イマイチ音が悪いです。 相変わらずタコ死亡中・・・
寒いのでストーブ点けてます(自爆)
この後、ポイントカバーを開けたまま、実走テストに。
長Tにネルシャツ、フリースのベストにライダース、首にはネックウォーマー(w その上からN3-B・・・
下はジーンズにチャップス ほぼ厳寒仕様です。

実走の感想
何回か点火時期を早めたり遅くしたりして良く吹けるところを探しました
美瑛往復60km。寒かった…

調子の良い時のポイントとそれほど変わらない(笑)けど、吹け上がりは良くなったような気がする。
メーター読み60MPHでも余力を感じる。75MPHでもなんか余裕(^^)
アイドリングは安定してる。 かなり下げてもストールしない(そんなに下げないけど)
純正のフルトラからポイントに換えたときほど劇的な変化は無いような気がします。
ダイナSもこんな感じなんだろうか???
問題・・・二次エア吸ってる気配は無いのに、またプラグの焼けが白っぽい。
以前ほどではないですが。
考えうる理由・・・
1.寒くて(気温8℃位)空気密度が上がって、相対的にガスが薄かった?
2.点火が良いので良く燃えた(MJ換えるか?)
悪い方向ではないような気がするので、もう少し様子を見てみます。

54B師によると、このシステム、実はコンピュファイアのOEMらしい・・・
CCIで確認したらそっくりなのがありました(..;)
もちろんサンダンスTuneされてるんでしょう。
ある程度はMaintenanceFreeですし、しばらくはこれでいってみようと思います。
いで兄 ありがとうございました┏o
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。