1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
HeadLine
Harley-Davidson FXB Sturgis '82
ほぼ1年半放置してました・・・
復活に向けて準備開始
ガンバラナクッチャ(´ヘ`;)ハァ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまたボル蔵ネタですいません。

前回の日記で「とある事情でリフトアップ」と書きました。
今回はその顛末について。

先日久々にフル乗車で札幌往復してきました。
フル乗車で長距離は初めてかも?
行程自体は順調でした。
 高速無料化で
“本線合流時にブレーキ踏んで合流できないクルマ”とか、
“追い越し車線を走行車線と同じ速度で走ってパトカーに「ここは追い越し車線です速やかに追い越しなさい」と怒られてるクルマ”とか、
“追い越し車線でパッシングしてもどけないばかりかブレーキ踏んで威嚇する軽自動車”とか
“追い越し車線をクルマが抜いていくたびにブレーキ踏んじゃうビビり”とかに会うこともなく、1hちょっとで旭川IC下りました。
下道に入って、家まであと数?というところでそれは唐突に起きました。
信号で止まろうとした瞬間・・・

スコーンっとブレーキが抜けました。



一瞬何が起きたのかわからず、あわててサイドブレーキ! もう少しで追突というところでなんとか減速、停止。
なんだ?なにごと?
車間を取っておそるおそるブレーキを踏んでみますが、かなり奥の方になってしまっています。
しかもあんまり効かない。
怖くて30km/h以上出せません。
幸い道が混んでいたので、十分な車間とサイド+ポンピングでなんとか自宅まで帰り着きました。

クルマを降りてあちこち見てみると…
右後輪あたりが濡れています。
サラダ油のような粘度の低いオイルが飛び散っています。
「こ、これは…」
試しにブレーキを踏んでみると、タイヤハウスから霧のように吹き出してきました。

はい まさかとは思いましたが、ブレーキホースが破裂?断管?してます。
霧のように見えたのは、破裂したブレーキホースから吹き出すフルードでした。

背筋が寒くなりました。もし高速でこうなっていたら…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
もちろんこれ以上の走行は命に関わります。
すぐに工場に電話。ドナドナとなりました。
101010-02

工場に着いてリフトで上げます。
すると、リアのブレーキホースが見事に割れて(るように見えた)ぽたぽたとフルードが垂れてきています。
原因は?
フル乗車で高速走行、ギャップでフルバンプ、ホースがつぶれて…でしょうか?
よくみると、スプリング内のバンプラバーも取れて遊んでます。
101010-03

そう言えば最近少しふわついた感じがしてたといえばそんなような…
とりあえずホースをボルボディーラーに発注して取り替えて・・・

リアショックが抜けていることが原因でこうなったとしたら、ショックも取り替えなければならないことになります。
それまではフル乗車はもちろん、ろくな荷物も積めないことに。
乗車定員2名?のエステートってどうよ?
なんて冗談言ってる場合じゃありません。
早いところリアショックその他諸々の交換の算段をしなければ…

ボル蔵のリアショックはオートレベライザー付きのちょっと偉そうなショックです。
ニボマット(Nivomat)という名前が付いてます。
参考http://www.ipros.jp/products/315204/005/
すんごい偉そうな脚ですねぇww

以前、将来交換する時のために価格調査をしたことがあります。
その時点では「社外」で適合するショックを見つけられませんでした。
となると純正を買わねばなりません。
純正のお値段は・・・

107,000円/本(製造メーカー出し値)
セットで20万オーバー!!!!
その他フロントストラット、各種ブッシングやカラーも交換するとなると30万オーバー!!!!
この時点で一瞬次のクルマどうしようかな?とかよぎりましたがw
まずはホースを取り替えて、それから考えることに。
幸いディーラーに在庫があったので翌日には復活しました。

しかし これで完全復旧というわけではありません。
原因を究明して対処しなければ(ショックを交換でokなのか?)、再び怖い思いをすることになります。
擦れているのがホイールだと言うことはわかっているので、新しいショックに交換するまでの間の対処法を考えなければなりません。
今回裂けたのは運転席側でしたが、見ると助手席側のホースにも擦れた跡があります。

これは急がなければ!


復旧したボル蔵に乗って数十キロ走り、もう一度ホースが擦れていないかみてみると・・・(゜◇゜)ガーン
やっぱり擦れてます。
新品のホースが既に。
101010-04
101010-05


こりゃ絶対変だ!

工場でもみたことがないと言いますし、ディーラーでも聞いたことが無いそう。
ディーラー「ホイールは純正ですか」
私「ええもちろん!」
とりあえず見てみないとわからない と言われてしまい、意を決して(大袈裟)ディーラーに搬送しました。

あぁいったいいくらの見積もりが出てくるんだろう・・・と戦々恐々。

翌日連絡がありました。

「車体的には問題ありません。ニボマットもそろそろ(寿命?)ですがそれが原因ではありません。」
「原因はホイールは確かに純正ですが200*年以降の純正で、幅が0.5J太くオフセットが+49で(標準装着より)6mm深いホイールなので、そのせいでしょう。」
と・・・

つまり私がストック(純正装着)だと思って穿いていたホイールはこの車種用ではなかったと言うこと?
単純に計算してみると、
ボル蔵標準ホイールは 6.5J-16 ET43
今穿いてるホイールは 7.0J-16 ET49
0.5*25.4=12.7/2=6.35mm それにオフセットの増加分6mmを足すと 12.35mmホイルのリムが内側に入っている事になります。
ディーラーに入庫していたV70のリアをみても20mmほどのクリアランスしかなかったので、
12mmも内側に入っているホイールでは擦ってもおかしくない事になります。

ということは、今回たまたま一般道で裂けたので事故にならずに済みましたが、今までいつ起きてもおかしくなかったことに・・・
2年も乗ってました。この状態で・・(恐怖)
すぐに標準サイズのホイールをヤフオクでポチッとしたのはいうまでもありません。
(PCDが特殊なサイズなので安くて良かったですw)

ホイールが来るまで乗らずにいようと思いましたがそうもいかず、スタッドレス用のホイールを確認してみることに。
スタッドレス用のホイールは7J-16 ET37でした。
(標準に比べて)6.35mmインに入りますがオフセットが-6なのでとりあえず問題無いようです。
そういえば買ったときはこのホイールが夏用でした。

擦れてしまったブレーキホースもオクでポチッとして、ホイールが届いたらまた取り替えます。
海外から個人輸入でショック一式も早い内に手に入れようと決意!しましたww
ipdからなら$300弱/本で手に入ることもわかりましたし(それにしても凄い価格差!)

とりあえず、この程度で済んで良かったと思います イヤマジデ

そして今日、ウインカーが戻らなくなりました。(ハンドルを戻しても消えない)
これも国産と違ってややこしそうですorz

しばらくボル蔵日記が続きそうな悪寒・・・
VADIS買っておいて良かった
スポンサーサイト
久々のBlog更新です。
この夏の記事は色々書いたのですが、upするには時機を逸したというか旬が過ぎてしまって結局上げず仕舞いで…
夜も長くなってきたことですし、少しずつ上げていこうと思っています。

久々なのに、今回は(も?)ボル蔵ネタです。

先日、とある事情でリフトアップした時に見たくないモノを見てしまいました。
フロントアクスルのブーツ破れです。
101010-07

グリースがデロデロになってます(..;)
ブーツ交換必至です。
国産ですと、最近では分割式のブーツが出てますのでそれほどコストはかからないのですが、いざ輸入車用の分割ブーツを探すと見つかりません。
あちこち検索しても「輸入車には対応してません」とか「外車用はありません」としか…
ざっと計算してもブーツ(Out側のみ)12k円、工賃10k円? とトータルで20k円以上掛かります。
かといって、自分でアクスルシャフトを抜く作業はSSTも必要なので二の足を踏んでしまいます。
さてどうしたものか・・・
検索厨としては「必ず同じ苦労をしている先達がいらっしゃるはず!」と検索しまくりました。


で…見つけました!

早速コンタクトを取り…


(中略w)


101010-08




復活です(^.^)

これでしばらくは安心して乗れそうです。
(とある事情については後にアップします)




ボル蔵も車齢12年オーバー。
色んなところにガタがきています。
まともにディーラーに出せば大変な出費です。
スタ次と違って、純正にはほとんど拘りませんので社外パーツや国産流用でがんばって維持していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。