1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
HeadLine
Harley-Davidson FXB Sturgis '82
ほぼ1年半放置してました・・・
復活に向けて準備開始
ガンバラナクッチャ(´ヘ`;)ハァ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり更新が開いてしまいました。
記録的な暖冬らしいです。
でもグラージはやっぱり寒いです。
元々バラックレベルの建物ですから、暖房しても…

と、言い訳はこの辺にしてww

良いエンジンに仕上げるためには、現状の正確な把握が肝要なのは当然です。
1/100の精度で組み上げるモノですから、計測は非常に重要です。

ええ、わかってましたよ 素人が手を出すレベルじゃないって事。
でも一応自分でもやってみたいじゃないですか!
それにやってみないとわからないことも沢山?あると思いますし。


ということで、
測定用精密器具を調達しました。
まず、マイクロメーター
090206-03
世界のミツトヨ製。
ショベルに使える75-100サイズです。
中古ですが、ほぼ新品でした。ラッキー!




シリンダーボアゲージ
090206-02
ミツトヨ製 50-100です。
さすがにこれは買えません(ちょっとお高かった)
これはプラッツのみの君からお借りしてきました。
大切な精密器具をありがとうございました┏o

これらと、ノギスでシリンダーとピストンを測ってみたいと思います



が。。。

使い方が悪いのか 毎回計測値が違います。明らかに1/10mmレベルで変わってます。
要求される最小単位は1/1000mmです(サービスマニュアルの数値)
そこまでは無理としても、せめて1/100mm内での±にしなければダメでしょう…

1時間ほど格闘してみましたが、どうやっても自分の出した数値が信用できません




諦めました_| ̄|○


こうなったらもう富良野へGo!ですww
もう20時も回ったというのに、みの君は快く引き受けてくれました。

先週納車になったボル蔵にシリンダー、ピストン積んで一路富良野へ。
早速計測開始です。

測り方を覚えるべく色々レクチャー受けながらでしたので画像無しです(^^;

で、測定結果は
090206-01
(CADで適当に書いた円筒形に数字入れただけですが…)

これを、サービスマニュアル記載の数値と比較していきます。
090206-04

090206-05
090206-06

これらを比較していくと、同サイズのピストンでもサービスリミット内に納まっているようです。
同サイズ(030Over)の新品ピストンの数値は未だ不明ですが、使用済みのピストンより小さいって事はあまり考えられません(という甘い考えです)ので、ホーニング程度でイケルのでは?と思ってみたり。

まずは030Overのピストンを入手してみようと思います。

問題はトルクプレートを使って計測していないってことですな… ←大問題か?

この辺りの組み付け状態によるシリンダの変形については 
ピストンさんのブログに詳しく書かれているようですし、
タイムリーな事にHDNでも、big_boy師匠がまさにトルクプレートを使っての記事をUpされています。
お二人の貴重なDataを参考させていただいて、今後の作業に生かせると良いのですが…
(読めば読むほど落ち込んでいくような気がしますけど(..;) )

トルクプレート…寸法がわかれば鉄工所で作ってもらえそうな気がしますが、どうなんでしょう…??

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。