1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
HeadLine
Harley-Davidson FXB Sturgis '82
ほぼ1年半放置してました・・・
復活に向けて準備開始
ガンバラナクッチャ(´ヘ`;)ハァ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の日記で予告?しましたが、アクセルワイヤーが大変なことになってました。

080713-08
アクセルホルダーから出ている90°に曲がっているスチール部分が裂けてワイヤーが出てます!
理由は・・・わかりません(^^;
やはりセットで1,500円レベルのPartsでは仕方ないことなのでしょうか?

予備パーツは無いので、前に切った張ったで失敗したワイヤーの復活をやってみました。


インナーは今のを使い、アウターだけを換えるので、インナーをぶった切ります。
以前やったと同じように真鍮パイプを切って駒を作り、ワイヤーにハンダ付け。
080715-02
フラックスをちょっとたらして・・・
080715-01
今回はきれいに出来ました!

ワイヤを切った分、ちょっと短くなりましたが、なんとか装着完了。
アジャスターがイッパイイッパイで調整の余地無しですが(^^;
080715-04
とりあえず新しいワイヤーが来るまではコレで。
080715-03


今度はバーネットにしようと思っています。



スポンサーサイト
久しく更新が空いてしまいました(^_^;)

ネタは色々あるのですか…

さて、スタ次がきて2年経ちました。
が…1回もリアブレーキパッドを交換してません。
過去には鳴きに悩まされ(アンチスクイークシム自作しましたが効果持続せず)、
諦めていたのですが、結局リアホイール交換の際にTC用のローターに交換して解消…(^_^;)
その際には「まだパッド厚大丈夫」と交換せず…

HighSeasonを前にしてさすがにマズイと ようやく交換です。

交換するパッドは
080713-01
フェロードです!
オイラのリアにはPMの162(2POT)、それも最初期型が付いています。
これはパッドの取付をCピンで留めるタイプで、簡単には外せません。
径のあうノックピンを探してこつんこつんと抜いてやります。
(先折れしたドリル歯がドンピシャでした)

080713-02
外したパッドと自作アンチスクイークシム(銅板の厚みが薄すぎてボロボロです)
アンチスクイークシムに銅は不適です(笑)

こんなになってました…
080713-03
使用限界超えてましたね(^_^;)
ちょっと斜めに減ってるのが気になります。

080713-04
新しいパッドを軽く面取りします。 が、ちょっと角度がきつすぎて意味をなさない様な気もしますが…

080713-05
一応パッド裏面にはグリス塗布。 純正グリス!

この後厚い新品パッドを収めるためにキャリパーのピストンを戻す作業をしたのですが、写真撮り忘れました…
ピストン戻しツールなんて持っていませんので、古いパッドを付けたまま10mmのメガネレンチ突っ込んでバイスで挟みながらひねり、次は12mmで同じようにひねり、次は13mm…とピストンがめいっぱい戻るところまで拡げていきました。

080713-06
完了です。

パッドが斜めに減っていたということは、新品パッドの場合、均一の面で押されてない可能性があります。
ピストンが斜めに作用するとシールがイカレてしまう可能性があるかもしれません…
試乗した限りでは極端に効きが悪いと言うこともありませんでしたが・・・

ちょっと注意深く経過を見ていこうと思います。
パッドが斜めに減っていけばピストンには問題ない様な気もしてます(イイカゲン)


次号予告…(笑)
080713-07080713-08

安物買いの銭失い…ってやつですか?(自爆)
乞うご期待(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。