1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
HeadLine
Harley-Davidson FXB Sturgis '82
ほぼ1年半放置してました・・・
復活に向けて準備開始
ガンバラナクッチャ(´ヘ`;)ハァ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内地の方からは、梅が咲いたとか早咲きの桜が来週見頃とかと聞こえてきますが・・・
今日もこちらは最低気温が-16℃ 日中も真冬日の様です((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

先日 日本計器サービスさんに送った、踊りだす→踊り疲れて逝かれたタコメータが本日帰ってきました。
080228-01


発送前にいただいた電話によると、踊り出した原因はダンパーの脱落だそうです。
逝かれてしまわれた原因は、オイラの+、?の逆接!だそうです(;´∀`)
ダンパーの脱落は経年劣化の範疇だと思いますが、
逆接は単純に、オイラが壊した!ってことですね。_| ̄|○

戻ってきたタコメータには、間違い防止にカラーリングが施されていました。
080228-02

これで今度は間違えないでしょう!(タブン)
ありがとうございます!日本計器サービスさん
しかし、メーターは戻ってきましたが寒くて触る気になりません(;´Д`)




シーズンインまで(本格シーズンまで?)にしなければならない事が山積です。
予定↓

通常メインテナンス---Eng、TMオイル交換、各部注油調整

電装・点火系---タコメータのインストール

電装・灯火系---後部反射板の取付

キャブ・吸気系---CVキャブの調整、2次エア マル秘対策 (・∀・)ニヤニヤ

足回り・走行系---ホイール清掃&マル秘カスタム(笑)

ブレーキ・制動系---リアブレーキディスク交換、パッド交換

マフラー・排気系---車検(騒音)対策

電装・充電系---オルタネーター32Amp化

エンジン---ベースガスケット交換、クランクシャフトシール交換
ベースガスケット交換なんて、ほとんど腰上OHです・・・出来るんでしょうか?オイラに(滝汗)
クランクシャフトシールと32Amp化はもう少し後でも良いかな?とは思っていますけど。
スポンサーサイト
今日も寒いです。
が、久々の完全オフなので、途中で投げ出していたアクセルワイヤー切り詰めの完了目指してみました。

スタート時の室温
080216-01

0℃です…{{{{(+_+)}}}}寒

アクセルワイヤーを片付ける前にもう一つ作業を。
スタ次、夏から実はフロントブレーキのスイッチがイカれてました。
断線なのか?スイッチ本体の不良なのか?
スイッチボックスのネジも舐めてるので、今日はこの辺を一気に片付けたいと思います。
ブレーキホルダーも外して、スイッチボックスを観察すると…
080216-001

汚いです(;´Д`)

見つけました!
080216-002

ハンダ上げしてあるところが取れてました。
080216-04

スイッチ本体も怪しいので、ばらしてみると…
080216-05

接点がドロドロで削れてます(;゚Д゚)
パーツクリーナできれいにして、接点の可動も良くしてみました。
もちろんグリスアップも。
ハンダ上げをし直し
080216-06

なんとか再使用可能になりました。

さてお次は スイッチボックス。
080216-08

手前側のねじ穴ですが、完全にバカになってます。
とりあえず、M5でタップを切ってみました。
なんとかネジは効くようになりましたが、非常に不安です。
このサイズのリコイルキットは中々netでも探せません(あっても高いし)
この時点で昼になったので、昼飯の後、Sterに行きました。
ショップの作業風景はいつも参考になります。
帰りしな御大将にバカになったスイッチボックスを見せてミリでタップ切り直した話をすると、なにやら奥からごそごそと…
080216-07

92エボのスイッチ付きスイッチボックスが!
破格の価格で譲っていただきました ありがとうございます┏o

速攻グラージに戻り、上半分を移植開始しました。
82?のショベルはスイッチ周りがエボと同じなので、何も問題なく付きました。
080216-17

予備パーツも増えて(セルスイッチ、キルスイッチ、ブレーキスイッチ、右ウインカースイッチ、アクセルのスリーブ)、しばらくはこっち側は安心(笑)

今日分かったこと。
実はアクセルのスリーブはバタのまま使っていたのですが、そのままCVに使えるのか不安でした(アクセル開度が違うのでは?)
今日手に入れたスリーブはCVになったエボのスリーブでしたので比べることが出来ました。
結果!
アクセル開度については同じなのが分かりました。
違うのはタイコを付ける部分がエボの方がよりタイトで外れづらくなっている位でした。
うーん良かった(^。^;)ホッ

さて次は、これも前回途中で往生し、諸先輩に答えをもらったバタ用ステーの取り外しに掛かります。
反対側を緩めて、全ネジの吊り棒を当ててゴムハンマーで叩いて引っ込ませました。
080216-10

取れましたε-(´∀`*)ホッ
再び両側からがっつり締めて無事終了!


と言うことでハンドル周り&キャブステー外しが終了したので、いよいよキャブ側のワイヤー取付&キャブ取付にかかります。
前回、アクセルワイヤーがチョイ長で切って合わせようとして切りすぎ、新品ワイヤーをパーにしてしまいました。(何事もやり過ぎはイクナイ)
今回も切って…と思いましたがまた失敗しそうで怖い
なので 逆転の発想?でアウターを伸ばすこと?に。
080216-15

ブラケットの中にCの形に切ったアルミパイプ(外径5mmφ)を突っ込みます。
長さは大体5?7mm位でしょうか。
バッチリです!
スロットル側だけですが、調整範囲の中に上手く収まり、キャブもほぼ全開になるようになりました。

終了時の室温
080216-13

オイルタンクの油温(笑)
080216-14


キャブステーのワッシャー枚数を良く吟味して、いよいよキャブ固定。
今度こそ、ぐらつき無く付いたようです(ホントカ?)
あ??早くエンジン掛けたい

オマケ
シリンダーの写真撮ってみました。
080216-12


080216-11


純正シリンダーだと思うのですが、パーツリストに型番載ってません…ナンデダ?
080211-01


ポチッとなとしまして…
買っちゃいました。

あんまり期待してなかったとはいえ…内容的には…物足りなかったですね
プッシュロッド調整が上級編って…(-.-;)
決して変態ショベラーじゃないオイラですら…そう思うのですが・・・(笑)

HDNのご意見番&TTBの方が…(特に語ショベ)
big_boy師匠、工場長! DVD出しませんか?
更新が空いてしまいました。
寒いです。
先週は-25℃近くまで下がりました。
近くの江丹別では-30℃Overです。


先日からちょこちょことモノが届いていたので、寒いですが意を決してスタ次に触れることにしました。
作業開始の3時間前にストーブ点火!
もちろん室温は氷点下でした。
仕事が一段落して、グラージに下ります。
温度計は…
080203-01

3時間焚いても6℃…
もちろんがっつり着込みました。

今日の作業は、CVキャブ換装に伴う、HighwayPegの交換です。
CVに換装したのは良いのですが、+S&Sエアクリとなると、思いの外外側に張り出してしまいました。
かなりの頻度でHighwayPegを使うオイラとしては、靴底が半分しか乗っからない右足は、大変不安です。
と言うことでCCIにあったExtendedPegを装着してみました。
装着前
080203-02


で、装着後
080203-03

イイ感じです
ストレス無く納まります。

と、ところが…
080203-04

斜めってます(´ヘ`;)
もう一度外して、サンダーでちゅぃーんと(笑)
削りすぎはヤバイので、合わせながら慎重に・・・
080203-05

ほぼまっすぐになりました。(^。^;)ホッ

次に、前回切りすぎてパツンパツンになってしまったアクセルワイヤーを取り換えるため、再びキャブを外しにかかりました。
指がかじかんできました…背中もぞわっと寒気がします。
とりあえずキャブ外しました。
新しいワイヤーをインストールします。
せっかくキャブを外したのですから、外せと言われているバタのサポートも外すことにしました。
ここはクランクのボルトと共締めになっているところです。
緩めてもOKと聞いていたので、非常にスパナの掛かりが悪いですが、焦らずに緩めていきます。
程なくナットが取れました・・・
が、
080203-06

なんとワッシャーとステーはタペットブロックに引っかかって、どうやっても取れてきません。

これはもしかしてタペットブロックも外さないとダメ? エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?
ここで寒くて寒くて耐えられなくなりました。
絶対他の方法があるはず!反対側から緩めてみるのか?とか?

・・・流石HDN、語ショベの重鎮の方々です。
速攻で答を頂きました。
ワイヤーの切り詰めの再挑戦と共に、次回挑戦します。

それにしても寒い…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。