1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
HeadLine
Harley-Davidson FXB Sturgis '82
ほぼ1年半放置してました・・・
復活に向けて準備開始
ガンバラナクッチャ(´ヘ`;)ハァ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結構前から考えていたのですが、ネタ的にUPに値しそうな感じなのでお目汚しに公開します(笑)
チェンジペダルの話。

オイラのエンジニアは20年モノのチペワです。
エンジニアは元々バイク用に作られていたわけではないので、チェンジペダルが当たる部分に補強とか、当て革とかは付いていないことは、皆さんご存じだと思います。
それでも、10年以上国産を乗ってきての左足甲の傷み具合と、たった2年のハレ乗りでの傷み具合の差に愕然としていました。
071225-01071225-04

2年で完全に穴開きました(-.-;)

理由を考えるに…シフトペグの構造が悪すぎ…と結論。
スタ次のペグですが、ゴムにはなっていますが、金属部分とゴムが一体成形(笑)
071225-02071225-03

シフトアップの度にBootsに擦れます。
なんと構造的には07モデルまで同じです。
これではBootsが傷むのはアタリマエです(´ヘ`;)ハァ

そこで国産のように、ゴム部分がくるくる回って、Bootsへのインパクトが少ないように出来ないモノかと考えました。(ミッドなのでシーソー化は厳しい)
古いペグのゴムが劣化したのがあったので、それに国産のゴム部分を付けて…と考えていました。
ところが…

先日、ディーラーに行ったときに08モデルを見ると
071224-01

08からこんな感じに変わっていました。
くるくる回ります(^^) 国産各車と同じStyleです
もちろんハーレーのやることですから、取付のねじ穴、ピッチ等はショベルと変わらないッス
普通にインストール出来るはず。つまりポン付けです!(素晴らしい!)
お値段は(かなり)お高めですが(3k弱)頼んじゃいました。付かなければ付くように改造すればいいだけで。
ショベルのシフトペグがTC88に付くのは確認済みなので大丈夫なはずです。

エンジニアの甲の傷みに気持ちも傷ついているミッドステップ乗りの皆様 これは買いじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。