1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
HeadLine
Harley-Davidson FXB Sturgis '82
ほぼ1年半放置してました・・・
復活に向けて準備開始
ガンバラナクッチャ(´ヘ`;)ハァ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日 十数年振りに日帰り1000kmツーに挑戦しました。
前回はNinjaに乗っていた時ですから12年以上前です

心配されたキャブの件ですが、焼けに関してOKでは?と言うお話しも頂きましたので、果敢に挑戦!(笑)

結果ですか? ええ 失敗です_| ̄|○
言い訳すると、
600km走った時点で、スピードメーターのドライブギアの爪が粉砕し、スピードメーターが動かなくなりました。
午後6時を過ぎると軒並みGSが閉まってしまうこの田舎では、ガソリン残量と走行距離を計算する上でこれはかなりヤバイ事態です
なんとか復活させるべく小一時間奮闘したのが、結果的に最終給油地を手前にする事になり、致命傷となりました。
道も間違ったのもあるのですが…

自分的レギュは
1.走行は基本的に日の出から日の入りまでの時間(夏至を基準)
この時期だと12時間強しかありませんが、夏至の日中を基本としますので15時間としました。
2.高速、有料道路、自動車専用道路の使用は不可(無料開放の高速も)
3.走行距離の基準はツーリングマップルとする。(メーター誤差のため)但し、マップルの距離よりメーターの方が少ない場合はメーター読みでも可(距離数の出ていない道路(市道町道等)は使えません)
4.ガソリンの携行は可
5.同一コースの周回は不可
6.通過地点を確定するためGSの伝票とODメーターを同時に撮す。
7.途中寄ったコンビニのレシートも証拠
まぁ 6と7はどこかに公表するときの証拠ですね。(こことか?)
どのみち失敗したんですから あっても関係ないですけど(T-T)
それと、事故と検挙は自分持ちで(笑)
※よい子は決してまねしないでください。

リベンジは…来年でしょうか?^^;^^;

赤が今回のルート 青点が給油地点
070920-01
070920-02
スポンサーサイト
前回の日記であげたタコ踊りの件の続報です(w

動画は使い回しです(^_^;)


昨日、バラシながら原因究明をがんばってみました。
工場長ドノ、54B師のレスにあった「アース不良」、HDNのTTBにあった「コイルの不良」
まずはコイルの不良を確認するため、新しいコイルを付けてみます。
結果…
踊ってます


次にアース不良のチェック。
レギュ周り、バッテリー周りの増し締め、接触部分のペーパー掛けをやって、アースがちゃんと取れているかどうか、あちこちテスターを当ててみます。
結果…
やっぱり踊ってます

整備書を確認して、今度はメーターを車体から外してチェックします。
バッテリーからマイナスを直取り。
コイルから信号線を直取り。
これでまだ踊るようならメーター本体の不良?

結果…
踊りました_| ̄|○

どうやらメーターが逝っちゃってる様です…マタカネカカルノカ

天気も良いのでコイルからの信号線を外した状態でメーターを戻し、ちょろっと走りに行きました。
ところが、信号線を外してあるのに時折メーターがピクピクッと動いています…???
どこかからナニカが回ってきてるでしょうか…

今度はダッシュからメーターを完全に外してチェックしないとダメな様です…
しかしエンジンをかけながらのチェックなので、夜遅くまで出来ません(T.T)

キャブもなんだかご機嫌斜めだし、ちょっとめげそう…
原因がわかりません。
パルス取ってるはずのコイルの線を外してみても変わらず…
アース不良か配線のショートなのか?タコがイカレタのか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。