1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
HeadLine
Harley-Davidson FXB Sturgis '82
ほぼ1年半放置してました・・・
復活に向けて準備開始
ガンバラナクッチャ(´ヘ`;)ハァ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前2日分の日記で諸先輩の助言により、いよいよ火入れの儀式に辿り着くことが出来ました!

今回の「ポイント化よ!計画」の詳細は、
ポイント一式 新品だけど中古 もらいもん(ブルーストリークだった(^^))
ガバナ DragSpecialtiesのヤツ
ポイントカムグリス HD純正
コイル メーカー不明の5Ω 販売先によるとMaidinUSAらしい
プラグ 古いまんま(^^;
その他
モリブデンスプレー ThicknessGauge等々

とりあえず仮組したポイント周りをばらし、ガバナもバラバラにしてモリブデン漬けとポイントカムグリス塗布。
再度組んでThicknessGaugeでギャップ調整。
0.6でキツキツで合わせて、0.5で軽く動く程度に。
きついカム山、緩いカム山両方で測ってみたけど同じで一安心。
次に点火時期。
純正のセンサープレートの位置と同じところにまずは固定。
これを標準としてこれから先調整していくことに。
タイマープレートを塞がずにまずはセルで始動…
空Kick2発。スロットルを数回煽ってチョーク引いて…
キュル、ボン! クランクが1回転もしていないかのうちに
かかりました!!!!
Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!! 今までは調子よくてもクランク間違いなく2回転以上はしていたのに!
ポイントの効果?
アイドリングも安定。暖機後、再びセルにて始動。
一発でかかりました。
アクセルのつきも良く、吹け上がりも上々です。
一旦切って、タイマーカバー辺りを元に戻します。

さて、いよいよKick始動。
久々の動画うpに向けて緊張が走ります(笑)
ケッチン食らったらどうしよう…(ウケるからOKか?)
と言うことで 全国10人位のKickfanの皆様、お待たせしました! 


後は実走行で点火時期、ポイントの焼けを確認して完成となります。
ご助言、ご指導いただいた諸先輩、ありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト
さて、とりあえずお仕事を終わらせて、昨日の続きを始めました。
元々のセンサープレートのケーブルは、どうやってもカットするしかないので、意を決してエイヤ!とカットします。
ゆっくりとケーブルをたぐり寄せてクランプから抜き、プレートを外します。
次にトリガーローターを外します。
ここでハケーン!なにやらうっすらとオイルが滲んでる!
これってヤバイのかな?
軽くウェスで拭いておきました。
明日みてまた滲んできてたら考えよう…
すっきりしたタイマー周り。
070324-01

続いてコイル側を検証。
純正ではモジュールから青と白で2本、メインハーネスから分岐した白(丸端子)がコイル下側、同じく黄色(平端子)がコイル上側に付いていました。
54B師、工場長ドノ、はれたろさんのお話を総合して、
メインハーネスからの白 →IGからの+
メインハーネスからの黄色→タコメータ
ポイントからの配線   →コイルの白の反対側
であろうと決定しました。
間違いないでしょうか?
070324-04

念のため、バッテリーを接続して白の線にテスターをあててみました。
イグニッションOnで+がかかります。ok!
キルスイッチを操作するとoff! やった!
新たな配線はしなくてOK!ちょっと嬉しい(^^)

時間は既に9時を回りそう…
勢いでポイント周りも仮付けしてしまいましょう!
なぜ仮付けか?
スレッドコンパウンドを使って良いのかどうかわからなかったからです(^^;
参考書によるとスレコン使えって書いてあるのもあるし、モリブデンスプレーが良いよと書いてあったり…
グリスやCRCとかはダメって感じなのでとりあえずモリブデンスプレーとシックネスゲージを用意してから(先に用意してからかかれってか)
と思いまして…
ブレーカーカムボルトがもし長かったら?とか、色んな不安要素があるので、火を入れる前に確認事項たくさん!
と言うことで。

明日は(もう今日ですが)いよいよ火を飛ばしてみます

大丈夫か俺。

さ、昼飯食ったらがんばってみよう。
引き続きポイント化よ!計画の実録(実況)です。
何を触るにも素人丸出しの私です。
ほんとに自分でやって良いのか?と自問自答しつつ…


現在の問題点
1.タイマーカバーの配線留めがFエキゾーストが邪魔で外せない
070322-02

Ballpointのhexあれば問題ないのでしょうが、んなもん持ってません(T.T)
排気漏れ覚悟でフロント外すしかないのでしょうか…

2.センサープレートの配線はぶった切り?
センサープレートからモジュールに向かっているケーブル。
どう考えてもぶった切らないと外せません。
070322-01
070322-04

再使用を考えて端子接続しないとだめでしょうね…面倒くさいッス

3.モジュールからはコイルの両端子に配線繋がっていたのに、ポイントからは1本しか線が出てない。
ハーネスから伸びる線は54B師のお陰でタコの配線であろうとわかりましたが、イグニッションキーから配線を取り出さないとダメなんでしょうか?
タメさんのメカ談義に因ると、キースイッチのIGからコイルの上側、ポイントからはコイルの下側…
純正モジュールの時にはセンサープレートからの線が、そのまんまコイルの上下に繋がっているだけでした。どうも納得いかない…
070322-03


TimeUpです。今日はこの辺で勘弁してやらぁ
さて いよいよ「ポイント化よ?!計画」発動です。
友人の要らなくなったポイント一式、格安で譲り受け、足りないパーツを買い足し、一応揃いました。
ミラー交換ついでに現在のモジュールとかコイルとかの配線をチェック。
すると訳わからん線発見…
パーツリストみても、色んな本みても、コイルの端子に接続されている線は上下1本ずつ。
スタ次にはなぜか上の端子に2本繋がっています…なんだ?これ?
確かにパーツリストを見ると、平端子を2つ付けられるようにはなっていますが、繋がってる図はありません。
後で手繰って行き先探しますけど…
それと、タイマーカバーにアクセスするのにリアブレーキが邪魔!
イグニッションモジュールに向かっているケーブルを留めているステーがマフラーを外さないとボルトにアクセス出来ない!
イグニッションモジュールを留めているビスが錆で固着…
既に挫折しそうなんですが?_| ̄|○
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。