1982 Harley-Davidson FXB Sturgis
 
HeadLine
Harley-Davidson FXB Sturgis '82
ほぼ1年半放置してました・・・
復活に向けて準備開始
ガンバラナクッチャ(´ヘ`;)ハァ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましておめでとうございます←違!

スタ次が居ない寂しい冬を過ごしております
まぁ居ても(あっても)乗れないしさわれないんですけど・・・

さてそんな訳で、今回もボル蔵の記事でお茶を濁す?事にします。

ボル蔵が来て早2年。
その間の走行距離が6万?!年間3万走ってます。
10年オチの中古ですから、結構壊れてます。
1.ABSユニット不調でDIY修理試みるも挫折して中古ユニット載せ替え・・・(今は絶好調)
2.ヘッドライトのリフレクター曇りで中華プロジェクターに交換(ハイビームの角度が悪くて最悪)
3.マフラー(触媒)を縁石にヒット→ガードが溶接で付いてて修復不可→そのまんま(^^ゞ
4.リアハッチのダンパー抜け ipd製のリプレース買って交換。
5.プラグコード断線・・・4気筒になる→純正のプラグコードはアッセン売りで目玉飛び出たww
6.運転席側パワーウインドウスイッチを嫁に壊される→中古買って交換→また調子悪くなってきたorz
7.高速降りたところでいきなりブレーキホース断裂→死ぬかと思った→純正のホイールが実はSB用(2000?)と判明 ホースとのクリアランス僅少で擦れてました・・・オクでホイール買い直しw
まだまだあったような気がしますが忘れましたwww

そして今回 ラジエター破損でLLCダダ漏れに!

今年から市や道、国(開発局)の除雪費が減らされて、除雪車の出動基準(降雪量)が変わりました。
国道や幹線道路は2車線が1車線あるかないかに。
生活道路に至っては除排雪が無いのでボコボコのガタガタ。
ちょっと気温が上がるとひどい段差が出来たりしています。
そんなある日、いつものように帰宅途中にshortcutのために裏道へ。
入った瞬間「ヤバい!」と思う程の段差(推定30cm以上)が目の前に・・・
減速しましたが時遅く下回りをヒットしてしまいました。
そして自宅まで後数百mと言うところで冷却水不足のワーニングランプが「いきなり」点灯!
家に帰り着いてクルマを降りると辺り一面に立ちこめる湯気とLLCの沸騰したにおいが・・・
ヤバい!ラジエターかホースに穴?と思いました。
自宅では何も出来ないので(スタ次もボル蔵もメンテは会社の倉庫でやってます)ちょっと心配でしたが、そのまま会社へUターン。
冬で良かった・・・水温計も変わらずにグラージ到着。
ボンネットを開けてみてみると・・・
110204-13
こんなのが折れてました。
水を足して漏れ場所を確認しようと思いましたが、外は零下で水は凍ってしまいます。
夜も遅いので諦めてライトバンで帰宅。

翌朝、クルマの下に潜って、アンダーカバー外して
110204-08

GSでLLCもらってきて入れて暖機。
温まってくると折れたステーの周りからピューッと吹き出すLLC!
漏れてる場所を確認して
110204-10
まずはリークリペアを。
もちろんLLCに漏れ防止剤を入れるのは忘れません
110204-12

数時間後、再び暖機して漏れを確認。
じんわりですがやはりまだ漏れてきています。
ステーが折れているのでこれもなんとか手当てしないと・・・
この程度なら、なんとかもつかな?と思いましたねその時は。
ラジエターの固定はタイラップ。
110204-05


一日過ぎて数十?乗りました。
翌朝駐めておいたところの下を見ると・・・結構な量が滴っていました

再びカバー外して下から覗くと、やはり漏れてます。

漏れ防止剤もリークリペアもカバーできないような亀裂?穴なのでしょうか?
そこでパッと気が付いたのがホットボンド。
これだと手が届かないところまで充填することが出来ます。
ピンポイントで手当ではなく広範囲に塞いじゃおうと魂胆で。
110204-06
タイラップも切れてしまっていたのでステンレスの針金に交換。

でもこれも早晩ダメになる悪寒が。
純正のラジエターは6万くらいするらしいので痛い出費です。
試しにオクで検索すると社外品が2万そこそこであるじゃないですか!
迷わずポチしましたwww

ラジエターが到着するまで保てば良いので少し気が楽になりましたよww

しかしここで重大な事にいくつか気が付きました。
ひとつ…ホットボンドは熱可塑性でラジエターが温まると一緒にまたふにゃふにゃになる
ふたつめ…ラジエターの交換はリフトにクルマを乗っけて、下から抜かなくてはならないらしい…VADISで確認。
みっつめ…(交換の)作業そのものは難しくないが、地道な作業の連続←実は苦手
よっつめ…ボル蔵のラジエターは本体の左右にエンジンオイルクーラー、ATFクーラーがビルトインされているためちょっと特殊なリテーナーでホースを留めてあって外すのに苦労しそう。。。

どっちにしろ新しいラジエターに交換しなければならないのですが、お小遣いで遣り繰りしている身としては工場に出す為の工賃を工面するのに時間が必要ですwww

ホットボンドに代わるもう少し強力な充填材を考えねば。
ラジエターのサイド部分は樹脂製です

!エポキシで固めちゃえ!
早速粘土状のエポキシパテ買ってきました。
硬化時間10分程度のヤツ。
三たび下に潜って
110204-09

とりあえず止まったように思えましたが、やはり手が届かない部分=表面処理が出来ない→上手く接着されない
で 漏れてきます。

ラジエターも到着したので
110204-11
諦めてディーラーに入庫になりました

orz


昨日ボル蔵は元気になって帰ってきました。
掛かった費用
LLC 8リッター分! 5000円位?
ホットボンド、タイラップ、ステンの針金、リークリペアは在庫してました
漏れ防止剤 1500円位?
ラジエター本体(社外)送込みで22000円位
ディーラーの工賃 17000円弱。リテーナーは再使用してもらったので安く済みました。
下回りにスキッドガード付けられた金額位掛かりましたorz

でもこれで安心して年に一度のルスツに向かえます(^.^)




次の記事は割れてしまったシフトノブのボタンの交換です。

目指せ20万?!(大丈夫か?)
スポンサーサイト
またまたボル蔵ネタですいません。

前回の日記で「とある事情でリフトアップ」と書きました。
今回はその顛末について。

先日久々にフル乗車で札幌往復してきました。
フル乗車で長距離は初めてかも?
行程自体は順調でした。
 高速無料化で
“本線合流時にブレーキ踏んで合流できないクルマ”とか、
“追い越し車線を走行車線と同じ速度で走ってパトカーに「ここは追い越し車線です速やかに追い越しなさい」と怒られてるクルマ”とか、
“追い越し車線でパッシングしてもどけないばかりかブレーキ踏んで威嚇する軽自動車”とか
“追い越し車線をクルマが抜いていくたびにブレーキ踏んじゃうビビり”とかに会うこともなく、1hちょっとで旭川IC下りました。
下道に入って、家まであと数?というところでそれは唐突に起きました。
信号で止まろうとした瞬間・・・

スコーンっとブレーキが抜けました。



一瞬何が起きたのかわからず、あわててサイドブレーキ! もう少しで追突というところでなんとか減速、停止。
なんだ?なにごと?
車間を取っておそるおそるブレーキを踏んでみますが、かなり奥の方になってしまっています。
しかもあんまり効かない。
怖くて30km/h以上出せません。
幸い道が混んでいたので、十分な車間とサイド+ポンピングでなんとか自宅まで帰り着きました。

クルマを降りてあちこち見てみると…
右後輪あたりが濡れています。
サラダ油のような粘度の低いオイルが飛び散っています。
「こ、これは…」
試しにブレーキを踏んでみると、タイヤハウスから霧のように吹き出してきました。

はい まさかとは思いましたが、ブレーキホースが破裂?断管?してます。
霧のように見えたのは、破裂したブレーキホースから吹き出すフルードでした。

背筋が寒くなりました。もし高速でこうなっていたら…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
もちろんこれ以上の走行は命に関わります。
すぐに工場に電話。ドナドナとなりました。
101010-02

工場に着いてリフトで上げます。
すると、リアのブレーキホースが見事に割れて(るように見えた)ぽたぽたとフルードが垂れてきています。
原因は?
フル乗車で高速走行、ギャップでフルバンプ、ホースがつぶれて…でしょうか?
よくみると、スプリング内のバンプラバーも取れて遊んでます。
101010-03

そう言えば最近少しふわついた感じがしてたといえばそんなような…
とりあえずホースをボルボディーラーに発注して取り替えて・・・

リアショックが抜けていることが原因でこうなったとしたら、ショックも取り替えなければならないことになります。
それまではフル乗車はもちろん、ろくな荷物も積めないことに。
乗車定員2名?のエステートってどうよ?
なんて冗談言ってる場合じゃありません。
早いところリアショックその他諸々の交換の算段をしなければ…

ボル蔵のリアショックはオートレベライザー付きのちょっと偉そうなショックです。
ニボマット(Nivomat)という名前が付いてます。
参考http://www.ipros.jp/products/315204/005/
すんごい偉そうな脚ですねぇww

以前、将来交換する時のために価格調査をしたことがあります。
その時点では「社外」で適合するショックを見つけられませんでした。
となると純正を買わねばなりません。
純正のお値段は・・・

107,000円/本(製造メーカー出し値)
セットで20万オーバー!!!!
その他フロントストラット、各種ブッシングやカラーも交換するとなると30万オーバー!!!!
この時点で一瞬次のクルマどうしようかな?とかよぎりましたがw
まずはホースを取り替えて、それから考えることに。
幸いディーラーに在庫があったので翌日には復活しました。

しかし これで完全復旧というわけではありません。
原因を究明して対処しなければ(ショックを交換でokなのか?)、再び怖い思いをすることになります。
擦れているのがホイールだと言うことはわかっているので、新しいショックに交換するまでの間の対処法を考えなければなりません。
今回裂けたのは運転席側でしたが、見ると助手席側のホースにも擦れた跡があります。

これは急がなければ!


復旧したボル蔵に乗って数十キロ走り、もう一度ホースが擦れていないかみてみると・・・(゜◇゜)ガーン
やっぱり擦れてます。
新品のホースが既に。
101010-04
101010-05


こりゃ絶対変だ!

工場でもみたことがないと言いますし、ディーラーでも聞いたことが無いそう。
ディーラー「ホイールは純正ですか」
私「ええもちろん!」
とりあえず見てみないとわからない と言われてしまい、意を決して(大袈裟)ディーラーに搬送しました。

あぁいったいいくらの見積もりが出てくるんだろう・・・と戦々恐々。

翌日連絡がありました。

「車体的には問題ありません。ニボマットもそろそろ(寿命?)ですがそれが原因ではありません。」
「原因はホイールは確かに純正ですが200*年以降の純正で、幅が0.5J太くオフセットが+49で(標準装着より)6mm深いホイールなので、そのせいでしょう。」
と・・・

つまり私がストック(純正装着)だと思って穿いていたホイールはこの車種用ではなかったと言うこと?
単純に計算してみると、
ボル蔵標準ホイールは 6.5J-16 ET43
今穿いてるホイールは 7.0J-16 ET49
0.5*25.4=12.7/2=6.35mm それにオフセットの増加分6mmを足すと 12.35mmホイルのリムが内側に入っている事になります。
ディーラーに入庫していたV70のリアをみても20mmほどのクリアランスしかなかったので、
12mmも内側に入っているホイールでは擦ってもおかしくない事になります。

ということは、今回たまたま一般道で裂けたので事故にならずに済みましたが、今までいつ起きてもおかしくなかったことに・・・
2年も乗ってました。この状態で・・(恐怖)
すぐに標準サイズのホイールをヤフオクでポチッとしたのはいうまでもありません。
(PCDが特殊なサイズなので安くて良かったですw)

ホイールが来るまで乗らずにいようと思いましたがそうもいかず、スタッドレス用のホイールを確認してみることに。
スタッドレス用のホイールは7J-16 ET37でした。
(標準に比べて)6.35mmインに入りますがオフセットが-6なのでとりあえず問題無いようです。
そういえば買ったときはこのホイールが夏用でした。

擦れてしまったブレーキホースもオクでポチッとして、ホイールが届いたらまた取り替えます。
海外から個人輸入でショック一式も早い内に手に入れようと決意!しましたww
ipdからなら$300弱/本で手に入ることもわかりましたし(それにしても凄い価格差!)

とりあえず、この程度で済んで良かったと思います イヤマジデ

そして今日、ウインカーが戻らなくなりました。(ハンドルを戻しても消えない)
これも国産と違ってややこしそうですorz

しばらくボル蔵日記が続きそうな悪寒・・・
VADIS買っておいて良かった
久々のBlog更新です。
この夏の記事は色々書いたのですが、upするには時機を逸したというか旬が過ぎてしまって結局上げず仕舞いで…
夜も長くなってきたことですし、少しずつ上げていこうと思っています。

久々なのに、今回は(も?)ボル蔵ネタです。

先日、とある事情でリフトアップした時に見たくないモノを見てしまいました。
フロントアクスルのブーツ破れです。
101010-07

グリースがデロデロになってます(..;)
ブーツ交換必至です。
国産ですと、最近では分割式のブーツが出てますのでそれほどコストはかからないのですが、いざ輸入車用の分割ブーツを探すと見つかりません。
あちこち検索しても「輸入車には対応してません」とか「外車用はありません」としか…
ざっと計算してもブーツ(Out側のみ)12k円、工賃10k円? とトータルで20k円以上掛かります。
かといって、自分でアクスルシャフトを抜く作業はSSTも必要なので二の足を踏んでしまいます。
さてどうしたものか・・・
検索厨としては「必ず同じ苦労をしている先達がいらっしゃるはず!」と検索しまくりました。


で…見つけました!

早速コンタクトを取り…


(中略w)


101010-08




復活です(^.^)

これでしばらくは安心して乗れそうです。
(とある事情については後にアップします)




ボル蔵も車齢12年オーバー。
色んなところにガタがきています。
まともにディーラーに出せば大変な出費です。
スタ次と違って、純正にはほとんど拘りませんので社外パーツや国産流用でがんばって維持していこうと思います。
明けてもう三週間も経とうしてますけど…

今更ですが^^;
あけましておめでとうございます

さて 年が明けてからも、スタ次ネタが無いのでボル蔵ネタでごまかそうと思います^^;

まったく手前味噌な話でBlogにあげるのもなんだかなぁ?な話ですが、
この前ハタと気が付きました。

「ボル蔵って冬(雪)が似合うな」www

ステーションワゴン系、クロスカントリー系を何台か乗り継いできていますが、愛車に対して「冬(雪)が似合う」なんて思ったのは初めてです。
100117-02
先日、美瑛にあるCaféにお茶をしに行ったとき、窓から見えるボル蔵をみて思いました。

ここは神戸の友人に教えてもらった店で、素敵なクッキングストーブがあります。
100117-01
夏は使ってませんが、この季節はこのストーブで焼いたパイやベーグルをいただくことが出来ます。
薪ストーブ大好き人間としてはこのストーブにあたるためだけでも行く価値があると思ってたりします(笑)
もちろん店のオーナーご夫妻も気さくで楽しく、料理も美味しいです(^^)
スローなカフェとして内地向け(笑)の雑誌とかには何回か紹介されていますが、結構地元の人間は知らなかったりしてこの時期はゆっくり出来てお気に入りです。

さてボル蔵の話。
この代のV70は、出た当時は地元で「開業医や歯科医のオクサマ車」とかのイメージがありましたwww
どちらかというと850の方が無骨な感じがして好きだったのでなおさらそう思ってたのかも…(あくまでも個人的主観です)
人気があったのでタマ(中古)が豊富で今でもソコソコ見ます。
もちろん「開業医のオクサマ」なんてとっくの昔にメルセデスとかポルシェのSUVとかに乗り換えてらっしゃいますが(笑)

100117-09


100117-08

100117-11
コンビニの前で撮った画像なのでイマイチですが…
リアにびっしり付いた巻き上げた雪、タイヤハウスに付く雪、跳ね上げた泥…
こぎれいにしていない事の言い訳ではありませんが、なんだかカコイイ(笑)
これでフロントにもがっつり雪が付いていれば文句なしです(笑)

シートヒーターは天国だしw
車の生産国によるお国柄なんて、故障の多寡の違いw位しか気にしていませんでしたが、それなりに出るんだなぁと再認識。
やっぱ生まれがスウェーデンなだけあるわ!と ←そこだ!

ワックスかけてピカピカで夏の海、ネオンを反射する都会の夜…雪の中のボル蔵には敵わない(笑)
(買ってから1年、まだ1回しかワックス掛けしてない言い訳ではありません) ←オチはそこか!(自爆)


話は変わりますが、地元で年に二回ほど大きな神社の祭りがあります。
昔は小中学校はお休みになるくらいでした。
この歳になっても露店には心くすぐられます(笑)
露店でしか食べられないジャンクフードも楽しみの一つです。
ここ数年お気に入りなのが トルコのsoul food? ドネルサンド。
必ず食べます。下手すると見つける度に買ってたり^^;
地元では露店が立ったときしか食べられないと思ってたんですが、この前Netを徘徊してたら見つけました。
地元の方の食べ物Blogに載ってました。
SamuraiKebab ドネルサンドのお店です。

早速出撃!
100117-04
ピタサンドのLサイズにチーズとフライドオニオンをトッピング。
ソースは中辛。
うんまい!

お店の雰囲気(伝わるでしょうか?)
100117-05
100117-06
100117-07
夜だったのと、Cameraがしょぼかったので画像はこんなもんです^^;
あぁドネルサンドがいつでも食べられるなんて!
しかも露店のモノと違ってボリュームたっぷりでお安い!
Lサイズなんて肉110gですよ!これでお値段600円(トッピングは+50だったかな?)は十分リーズナブル(露店はこれの半分以下で500円はする)

開店したばかりで、まだ知名度は低いですが週一は通うでしょう いや通います(^^)




まだまだ乗るぞと思ってたのですが、とうとう乗れずじまいで冬に突入してしまいましたorz

またまたすっかり更新があいてしまいました^^;

去年は既にヘッド開ける準備などしていたように思うのですが、真冬に超寒いグラージで作業したことを思い出すと、
今シーズンは春近くなってから手を付けようと日和ってます…

と言うことで今回は4輪の話でお茶を濁します(笑)


先日スタッドレスに交換した時、なにげに見たパッド残量…
リアがほとんど残ってませんでした。
国産に比べ、パッド、ディスクとも減りが早いと聞いていましたので、早々に手配して交換に着手です。
もちろん自分で。(ブレーキは重要保安部品なのであくまでも自己責任で)

仕事終了後、着替えて早速作業開始。
まずタイヤを外します 

091228-01
不思議ですねぇ…どうしてナットではなくてボルトなんでしょう…

使う工具はなぜか・・・
091228-02
inchです。1/2と5/8
欧州ってメトリックじゃなかったんですか?

パッド残量
091228-03

ボル蔵のリアブレーキはシングルピストンのスライドキャリパーです。
ボルト2本外したらキャリパーはカパッと外れます。
外したパッドの厚み見て愕然。
ギリギリでした…
091228-04

キャリパー外したディスク部分。
ディスクはこの前新品に換えたのできれいなモンです(^^)
091228-06

新しいパッド
091228-05
分厚いです(笑)
軽く面取りして組み付け。

古いパッドを押していたピストンは結構出てきています。
091228-07

マスターシリンダー内のフルード量を確認してピストンを戻します。
ピストン戻し工具なんて持っていませんので、長めのモンキーの柄を使ってじわっと戻してやります。
シングルピストンだから出来るようなもので、2ポッドとか4ポッドになるとちゃんとTool使わないと上手くいかないと思いますが。

091228-08
きれいに戻りました。

下側になる部分のボルトは新しいモノ(ネジロック塗布済)を使い、上側になるネジにもロックタイトの弱強度を塗って
組み付け終了。
091228-09

一番時間が掛かったのがジャッキアップ&タイヤを外す作業だったような…(自爆)


Front側も結構キテるので年明けやらなくちゃ…片押しだけど2podなんだよなぁ…たしか。
面倒くさいな


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。